セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.8.

☆アドベント

冬至に向けて日が短くなり、闇が深まる。

そして冬至を迎え、闇が極まると、また太陽の力が増し始める。

この闇の中に光が生まれるというイメージは、イエスの誕生と重なる。

人類は、2000年以上イエスの誕生をお祝いしている。

イエスの誕生は、地球のすべての人々に無関係ではなく、精神世界に大きな影響を与え続けている。

 

☆トランスパレントの星作り

8ピースの薄紙を折って重ね合わせ、星を作る。

お日様の力が弱まるこの時期、星を窓ガラスに貼ると光を集めて、幾何学の濃淡が美しい。

 

☆もぐらのねぐら   作詞作曲 morimo

もぐらの ねぐらは 土の中だよ

いつも あったか のんびりしてる

 

月夜の 晩だよ 明るい 森だ

みんな おいで 仲間を 呼ぶよ

 

たいこ たたいて こ踊りすれば

見えない 世界が 一つになるよ

 

もぐらの ねぐらは 不思議なところ

暗い 道も 光に 満ちる ♪

(改訂版)

 

 

ページトップへ