セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』Vol.10

☆曼荼羅

・仏教における曼荼羅  胎蔵曼荼羅など

・曼荼羅アート  図形的

・宇宙まんだら  宇宙や世界がどのように輪廻していくかを表現する  仏教でいう六道の輪廻転生を指すものではない

 

☆世界は直線と曲線からなっている

線には、始まりがあり、終わりがある

曲線からなる円やレムニスカートには、始まりも終わりもない

 

☆縄文の人々

朝 太陽は生まれ、夜 太陽は没する=死ぬ  夜の間に地下通路を通って、再び東の空に昇ってくると考えた

毎日繰り返される 生と死 = 輪廻

 

☆レムニスカート ∞

二つの中心点を持つ図形   宇宙の運動がそのまま地上に降りてきている

ミクロ と マクロ

肉体 と 精神

頭部(骨が外側で神経が内側) と 体(骨が中心にあり神経が外側)

意識 と 無意識

夜 と 昼

物質界 と 精神界

見える世界 と 見えない世界

 

見えないからといって、無いわけではない

見えるものは、見えないものから生まれる

 

☆実習 フォルメン線描

 

参考:小野精一先生の掲示板

☆メルヘン・オイリュトミー(フォルメン)

https://9231.teacup.com/morino/bbs

☆森のアトリエ morino

https://8241.teacup.com/morino/bbs

 

ページトップへ