セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.17

テーマ   闇の中から命が生まれ炎となりて

 

☆詩 「木は静かな炎」   八木重吉

 

木(植物)と炎の関係は? 連想するものは?

燃えるような秋の紅葉

薪(木)と炎   薪は太陽の熱を蓄えていたもの

 

☆実習 パステル  熱と光を感じていく

黒または青の画用紙を使って

命は黒から生まれる 土の中で眠っている

黒は季節でいうと冬 そして春への準備

 

☆死を迎えると、命は分岐点に立つ

肉体は土に還り闇の世界へ 魂は天空へ還り光の世界へ

 

☆絵本 「ほのおのとり」 画・井上ひろちか 文・本居つま

命をかけて幼い孫たちを守った おじいさんかもめは 光の世界へ…

 

☆これまでの物質文明から考え方が変わり、精神文化の時代がやってくる

何に幸せを感じるか

未来への希望

 

 

 

 

 

 

ページトップへ