セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.27

2020年12月15日 『クリスマス 光の祭典』

☆宇宙意識

縄文時代の人々がどのような言葉を話していたのかはわからない

しかし言葉以外の感覚が優れていたので、植物や動物とも語り合うことができたようだ

思考

言葉  言葉は概念なので、思考を共有化することができる

 

宇宙のモデル・法則

大きなものから小さなものまで、すべての生命がつながっている

ミクロコスモスからマクロコスモスまで

 

死んだ概念  留まっている

生きた概念  生きて、変化成長していく 遊び・揺らぎがある

 

☆ろうそくの生涯と人間の構造

ろうそくの光

気体      霊

液体      心魂

固体      肉体

 

☆実習 和紙のランプシェード

11の五角形からなる立体

 

 

☆「いま ここ」」で何をするのか?

いま、ここに、ただ存在している、ということが大切

今日は、明日の種まき!

 

☆参加者の声

今年の大きなテーマは、「時場」そして「いま ここ」でした。

とても難しいテーマですが、日々の暮らしの流れの中に、ふと立ち止まって考え、自分を振り返り、気づいていく…

そのようなめぐる会のゆったりとしたひと時が、わたしたちにとっては貴い場でした。

白い画用紙に無心に色を重ねていったり、普段は考えないような課題に思いをめぐらせたり、ともに過ごした仲間たちだからこそ、分かち合える変化がありました。

また来年も楽しみにしています。

小野精一先生いつもありがとうございます。

ページトップへ