セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.20

2020年 2月 18日.

☆にじみ絵

輪郭がない = 境界を作らない  というところが人智学的

色の濃淡や、色の重なりで表現する

赤一色 → 黄一色 → 青一色 → 赤と黄 → 赤と青 → 黄と青 → 三原色

三色混ぜると 茶色になる

 

赤と黄が重なると橙に 赤と青が重なると紫に 黄と青が重なると緑になる

対極の相反する色が補色になる

 

☆実習

  

       

  

 

☆二元論から思考を深める

対立する二つのもの 何があるだろう?

表と裏 男性と女性 善と悪 天と地 上昇と下降 あの世とこの世 収縮と拡散 主観と客観 …

折り紙のどちらが表で、どちらが裏だろう?

善と悪は、すぐに入れ替わる

 

☆主観と客観ってなんだろう?

主観 私が誰かを見る    客観 誰かが私を見る

 

☆表裏一体 表と裏は二元論の世界 一体は一元論の世界

私たちは、どちらが正しいという結論を導きたがるが、両方とも正しいということがある

文明文化は、物を細分化して窮屈にさせてしまった

境界を作ることが、諸悪の根源

二つでワンセット 昼と夜でワンセット あの世とこの世でワンセット

死者を手厚く供養すれば、死者が支えてくれる

 

☆自分の感覚的思考が真実

人間の意識が、明日の未来を創る

安らぎは向こうの世界に持って行くことができる

ページトップへ