セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.3

☆実習 水彩画

「ぬらし絵」、または、「にじみ絵」と呼ばれる水彩画。

水でぬらした画用紙に描いていくので「ぬらし絵」、または、絵の具が水に乗ってにじんでいくので「にじみ絵」と言う。

シュットクマー社の水彩絵の具のうち、ゲーテカラー三原色の赤、青、黄を水で溶いて使った。

絵の具の色を、描く前に混ぜることはしない。

輪郭を先に描かず、色を面で描いていくうち、色と色が出会ったところに新しい色が生まれる。

 

 

☆四つの気質

血液型は一生変わらない。

性格は、それほど変化しない。

けれども気質は一生の間に変わっていくし、変えることができる。

多血質  明るく元気 いろいろなことに興味を持つ ぴょんぴょん跳ねるように歩く

胆汁質  正義感が強い 批判する力がある

憂鬱質  内面に目を向け考え探究する 自分のやりたいことをやる 現実の中で考える

粘液質  目覚めが遅く、ゆっくり動く 清濁併せのむ

 

☆人生における気質の変化

0歳~14歳ころ  多血質の季節

14歳~35歳ころ  胆汁質の季節

35歳~45歳または55歳ころ  憂鬱質の季節

45歳または55歳ころ~  粘液質の季節

 

☆気質を変える

気質を変える鍵穴は、自分の内側にしかない。

だから、もういいと自分で思えるまで変えられない。

 

☆人は自分の感覚でしか周りが見えない。

 

☆小野先生の掲示板、「森のアトリエmorino」です。

ご参照ください。

https://8241.teacup.com/morino/bbs

 

 

 

 

ページトップへ