セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.7

テーマ『明暗画』

☆色彩は人の感情を活性化させる

第2七年期 7~14歳 色彩やハーモニーが感情を育てる

第3七年期 14~21歳 学問や知識を得る時期 白と黒だけの世界を体験する

 

☆線の始まりと終わり

線には、始まりがあり、終わりがある

地上のもの全てにも、始まりがあり、終わりがある

人生にも、始まりがあり、終わりがある

体的な肉体の生と死

魂的な心の生と死

霊的な精神の生と死

 

霊的な人生には、前後がある

生まれる前と死んだ後の霊の世界=光の世界 善悪のない純粋な世界

遠い星から、霊的な自我、個性が降りてきて、肉体に宿る

死ぬと体は終わりを迎えるが、その人が地上で成した行い、思いで、記録は残る

 

夜の睡眠から、朝の目覚めの間も、霊の世界に行っている

 

☆実習『明暗画』  ~光を意識する~

①白い紙に、黒い線を斜めに、それぞれが平行になるように、紙全体に描いていく

②白と黒が5:5になったら、白を意識する

その中で白っぽく見えるところを残すようにして、黒を描き足す

③白いところが浮かび上がるように、黒で周りに影をつける

 

☆『光と闇』の二元論

光があるから、闇が生まれる

白は光が来るから大きく見え、黒い闇は退くから小さく見える

光線は光の本質ではないことがわかる

 

二元論の世界 対立するものではあるが、それが世界をつくっている

悪はどこからきたのか? かつて善であったものが、悪になることもある

人のエゴが境界を作り、共有できない世の中をつくる

 

一元論の世界に、争いは起きない

ジョン・レノンのImaginenoの世界

ページトップへ