セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.14

 

テーマ  『地球』

☆何かが存在するかどうか、私たちは五感を使って確かめている   触覚、嗅覚、味覚、視覚、聴覚

 

☆素朴実在論   一般には「この世界というのは、自分の眼に見えたままに存在している」とする考え方のことを言う。

普段意識することがないけれどもそこに在るもの、眼に見えないけれども存在するもののことを、人はあまり考えない。

眼に見えない空気、光、時間、…  在るけれども、実感することがあまりない。

 

☆四大元素  地・水・風・火

宇宙の根源的元素で、一つでもなくなったら、生物は生存できない。

地球は太陽から1億5千万kmの距離があって、そのエネルギーを受け取り、生命を育んでいる。

 

☆春夏秋冬 四つの季節がめぐる地球

自然霊の働き

グノーム    地の精霊

ウンディーネ  水の精霊

シェルフィ   風の精霊

サラマンダー  火の精霊

 

☆人間の成長と植物の成長

植物の種が芽を出し、葉が育ち、茎が伸び、蕾をつけ、花が咲き、実がなり、種を落とし、枯れていく。

人の成長は、生まれて、肉体が育ち、心が育ち、精神が育つ。

 

☆地母神  命を生み出す母の神 新しい命を創造していく。

生命体はすべてつながっている。

あらゆるものがあって、命の共同体が成り立つ。

 

☆実習 『地球まんだら』を描く

①色鉛筆で円を描く = 地球

円周を4分割する

真下が冬至、左側が春分、真上が夏至 右側が秋分

②色鉛筆で、植物の成長を描く

真下は種、左側で葉が出て、真上が最盛期、右側で枯れていく

③絵の具で、色を描く

地球のエネルギーや精霊の力を受け取りながら、季節の変化の中で成長していく植物の生命の循環

 

☆シュタイナーの社会有機体三分節

精神の自由

法の下の平等

経済の友愛

 

 

 

小野精一先生の掲示板 「メルヘンオイリュトミー」で、当講座の作品も紹介されています。

https://9231.teacup.com/morino/bbs

 

 

 

 

 

 

ページトップへ