セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~」vol.17

テーマ  フォルメン線描

☆シュタイナー学校のフォルメン線描

低学年  フリーハンドで描く 一本一本違う個性的な線

高学年  定規を使って描く 何本でも同じものが描ける

 

☆直線 曲線 線の交差

8の字のクロスするところに逆転が起きる  人間の身体では首の位置にあたる

上の部分 頭は丸い頭がい骨が外側にあり、内側に感覚器官がある

下の部分 体、手足は、内側に直線的な骨があり、外側に感覚器官がある

 

☆実習  フォルメン線描 二種類の曲線を編んでいく

 

感想

同じ図形を描いても、それぞれ個性がある

とても集中して、普段使っていない感覚を使った気がする

 

☆ブラックボックスの中には何があるのだろう?

開けてみなければわからない

目に見えなければ何もないのか? 目に見えないけれど何かがあるのか?

決めるのは、自分

 

☆時の流れ   過去-今―未来

元に戻らないことを、ああすれば良かった、失敗したと嘆き悲しむのか

これからどうなるのだろうと、心配するのか

「今}だけのことを考えてみると、現実は否定できない

「今」「ここ」という現実を100%認めて、肯定していけばいい

 

☆一人一人、自分で判断する時代がやってきた

 

☆意識をクリアにしていけば、いつも幸福

 

☆美しさを喜びにして、生活を見直していく

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ