セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.23

2020年 7月 21日

テーマ 『光を感じる』

☆時刻 と 時間

夜寝て、朝起きるまでの時間、私たちの意識はどこにあるのだろう?

何かに夢中になっていると、時間を忘れてしまうのはなぜだろう?

 

時の流れが見えるもの  植物の種が芽を出し成長して、花が咲くまでの過程には時の流れが見える

客観的な時間があるから、人と待ち合わせることができる

 

☆「光を感じる」体験・感覚

朝陽や夕陽を見るとき

闇があって、その中から抜け出てくる光を見出すとき

太陽の光、ろうそくの光、その光源から熱のエネルギーを感じるとき

絵画作品という本来そこからは熱も光も発しないものから、光を感じるとき

例 シュヒテン(層技法)またはベールペインティング

乾いた画用紙の上に、ベールのように薄い絵の具を幾重にも塗り重ねていく技法

 

☆実習 『光を感じる』 三原色の水彩画

  

 

 

☆光 = 光線 ではない

光は、暖かさ

ページトップへ