セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

これから楽交@武蔵野『シュタイナー教育の色彩~色と語らうひととき~』vol.24

2020年 9月 15日

☆テーマ 『時場』

「じば」を辞書で引くと

「磁場」 磁気力の作用する空間、磁界

「地場」 その地方や地域、その地元

という言葉が載っています。

「時場」は、生まれたばかりの概念なので、まだ辞書には載っていません

「時場」は、時刻の時と場所の場で、時空を意味します

時刻の変化をX軸に、空間をY軸に表します

二つの交点が、いつもZEROとなるときにトキが生まれます

トキは、どこでも意識できれば現れます

「時場」は、点であり、質量を持ちません

点の周囲に流れている波動です

 

☆平和な世界と幸せな生活

世界平和を実現することは難しいけれど、自分の周りを平和にすることはできる

マクロコスモスという宇宙と、ミクロコスモスという自己はいつも共感していて一体のもの

自分の周りに安らかな「時場」を作るトキ、幸せが生まれることでしょう

 

☆「時場」を創る

自然霊の宿るパワースポットは「時場」そのもの

自分の周囲に「時場」を引き寄せるには、周りを整頓して、東西南北に水晶を置く

ここに結界を張って、内部の気(エーテルの流れ)を浄化する

香を焚き、ろうそくを灯して瞑想する

自然体とひとつになって、意識が「時場」に溶け込む

 

☆実習 水彩絵の具を使って 「時場」を描く

  

 

 

 

☆参加者の声

子育てや介護に自分の時間を割くとき、その人に自分の時間を奪われていると思うと辛くなることもある

同じ作業をしていても、「その人のために行う自分の時間」と思えるとき、そこに辛さは感じない

その違いは一体なんだろう?

それが幸せの鍵を握っているのかもしれない

私が幸せなら、世界も幸せ!

ページトップへ