セミナーレポート

セミナーレポート

seminar_report

キンダーハープの響き『生きることと死ぬこと~シュタイナーの死生観に学ぶ』2024.1.16.

キンダーハープの響きを楽しむ

☆ペンタトニックの音階

キンダーハープは、こどもが抱えて弾ける竪琴です。

耳を澄ませて聴きたくなる、小さな響きの楽器です。

幼児期の音楽には、ペンタトニックの音階が向いています。

ドレミファソラシドのうち、ドとファがありません。

どの弦を弾いても、響き合いが濁ることがありません。

まだ夢の中にいるような幼児期に適した音階です。

日本で歌い継がれている「わらべうた」の多くは、この音階でできています。

 

☆実習 『かごめかごめ』

キンダーハープの響きと一緒に、『かごめかごめ』を歌いました。

ページトップへ